中央区で中古マンションを購入する場合のアドバスをします

東京都中央区の中古マンションは、銀座を中心にした商業エリアと月島・勝どき・晴海エリアを中心にした住宅エリアと二つに大きくわかれます。この中で商標エリアに近い中古マンションは坪400万円以上するところが多く存在します。3LDKになるとほぼ1億円近いものになりますので、サラリーマンにとっては購入するのは厳しいといえるでしょう。それに比べて月島・勝どき・晴海エリアは、坪300万円前後のものが多く存在しています。こちらだと3LDKで7000万円は切ってきますので、サラリーマンにも十分購入できるレベルといえるでしょう。今回は、この商業エリアに近い銀座・人形町・八重洲あたりと住宅エリアといえる月島・勝どき・佃・晴海エリアと別々に説明いたします。

晴海エリアのマンションについて

中央区の晴海エリアは、この数年多くの新築マンションが建築されました。その物件も数年レベルになってきていますので、中古の物件も多く存在してきています。この地域は東京から3キロ程度しかないのですが、交通が不便だったので東京から3キロとは思えない金額での売買が行われていました。しかしながら、今後BRTの整備や地下鉄の整備が予定されていますので、今後交通の便がよくなることが想定されます。この周辺の中古マンションも新築マンション時と比べると値段が上がっていますが、今後さらに値段が上がっていくことが想定されるでしょう。今度発売される新築マンションは坪350万円平均の値段になっています。今までこのエリアでは大体300万円程度だったことを考えるとかなり値段が上がっているといえます。

他のエリアのマンション状況について

上記で説明した晴海エリアは東京都中央区ではもっとも安い物件といえます。従ってサラリーマンの方でも十分に購入できるエリアといえるでしょう。しかしながら、他のエリアはこれよりかなり高い値段で売買されていますので、サラリーマンだとなかなか厳しい金額になっています。銀座エリアでも現在マンションができていますが、ここでも多くの中古物件の取り扱いがあります。しかしながら、銀座に近いということもあり1億円近い物件が中心になっています。また、下町エリアである人形町にも中古物件は多く存在していますが、こちらも1億円近い物件が中心になっています。どちらも、サラリーマン単独ではなかなか厳しい金額とはいえるでしょう。ただし、それでも港区などと比べると安いともいえるので、今後値段が上がる可能性は十分にあるといえます。